スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃カメラ飲みました

今日、胃カメラを飲んできました。
美味しいものではありませんが、めちゃくちゃ拒絶するほどでもなかったですよ。
看護士さんから、あらかじめ「よだれをタラタラ流して良い」と、言われたので、
とても気楽でした。

なぜ、胃カメラ?・・・と、言いますと、
そもそもは、1か月ほど前のことになりますが、
風邪気味だったので、こじらす前に薬を飲みたいと思って病院へ行きました。
7月末から8月いっぱい、児童館の放課後児童クラブ(学童保育)で働くことになったので、
「風邪なんか、ひいてられない」という感じだったのです。
病院へ行くのが早すぎたのかな?
よく分かりませんが、病院で出してもらった薬が効かなかったのです。

「この薬が効かないということは、風邪じゃあないですね」と、驚かされて、
血液検査、肺のCT、そして今日の胃カメラ・・・
と、いうメニューが用意されたってわけです。

血液検査で、腫瘍マーカーの数値が高めで、
まあ、乳がんをやっておきながら、今まで人間ドッグも受けずにきたので、
がんの転移を疑うのも当然ですわね。

児童館のお仕事は、楽しくて、やりがいもあったから、休まず行っちゃいました。
8月中旬以降は、市販の咳止めを飲んだり、トローチをなめたりしながらね。

胃カメラの結果は、異状なし。
ポリープは3つ見つかりましたが、悪いものではありませんでした。

ん~~~、で、この咳の原因は、いったい何?
てのは、よく分からないのですが。
医師に伺ったら「まあ、咳は多少残りますね」と、前に撮った肺のCTを見せてくれました。
咳に関しては、しばらく「様子見」ってことね。

50年来、酷使してきた肺や胃は、ちゃんと正常なことが分かることができ、
今回は、良い機会でした。
これからは、肺や胃には、50代にふさわしい優しい対応をしてあげたいと思ってます。

一方、この咳、勝手な自己診断としては、
家のホコリ、児童館で大声を出したこと、やらねばいけないことへの自責、家族への気遣いなどなど、
ようするに、たまったストレスが原因なんじゃないかな?
普段なら平気でいられるのに、免疫力が落ちてるから、症状として現れる。
体がSOSを出してんのよね。
そういえば、最近あそんでないもんなあ、ヤバい!

・・・で、
結局のところ、お医者さんは、疾患を診て、見えた部分を直してくれる技術屋さんかもね?
と、思いました。

だから、自分自身しか出来ないことは自分でするしかないわけ。
ランニングして免疫力を高めるとか、本を読んで豊かになるとかね。

この処方箋に気付くことができたのは、
私だけの力じゃなくってね、
私の話を聞いてくれる人、
私に話しかけてくれる人、

そうです。あなたが居て下さったからなのです。

おかげさまです。感謝してます。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
プロフィール

うぃんく

Author:うぃんく
・・・・・・・・・・・
こちらをご覧ください
 ↓
Wink Home 乳がん手帳

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。