スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童館の手芸クラブ

「暑いですね」が、挨拶の定番になった今日このごろ…
梅雨の雨ばかりも、いやだけど、雨がなさすぎるのもヤバい気がする。
そんな中、今年度の児童館手芸クラブがスタートしました。

新年度の4月、5月が募集期間。
6月スタートで、8月、1月はお休み。
毎月第二水曜日に開催。年間8回。定員15名。(^^)
いろいろ試して、挑戦してきて、今、この状態に落ち着いた。

児童館で手芸クラブを始めて今年で9年目。

これまで関わったボランティア活動全般を振り返って思うのは・・・
やり始めは新鮮で、楽しいし、一生懸命になる。
慣れてくると、自分自身が高度なことを求め、よりいっそう頑張ってしまう。
周りからも高度な対応を期待されているような気がしてしまう。
やがて、やりたくて始めたことが、「やらなくてはいけない」に変わる。

さて、そうなったとき、どう乗り越えるか?
もしくは、やめてしまうのか?
それは、その人その人で違うようだ。

実際、「ボランティア活動は、自分を鍛えるためだ」と、言った人もいた。

私の場合は、やらなくてもいいことをしているわけだから、楽しいに越したことはない。
と、いうのが原点にある。
ときには、「やらなくてはいけない」をこなした後に「たのしい」が来ることもある。

児童館の手芸クラブの場合、
「やらなくてはいけない」気がした時期もあったが、
ネタ探しや、準備の負担を減らすために、回数を半分以下にした。
現場での対応の負担を減らすために、定員を極端に減らした。

今は、やりやすいように変えててきたことで、内容も充実してきた気がする。

児童、一人一人に対応でき、おもしろい。

今年度のスタートは、新1年生4人、2年生4人、3年生2人、全員女の子。

ボランティアをしていると、
大人も、子どもも、自分が楽しくなければ、相手も楽しめない。
自分が楽しければ、そこに来る人も一緒に楽しい。。。
ってことを、いつも感じる。

しまった!
児童のみなさんの作品を写してくるの忘れた。

comment

Secre

プロフィール

うぃんく

Author:うぃんく
・・・・・・・・・・・
こちらをご覧ください
 ↓
Wink Home 乳がん手帳

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。