「格差」を考える

世の中には所得格差、資産格差、雇用格差、教育格差、地域格差、世代格差、男女格差、健康格差など
いろいろな格差が存在する。
日本は、1960年代の高度経済成長期以降、多くの国民が自らを中流と意識し、
70年代には「一億総中流社会」と言われた。
そして、1990年代以降は低成長時代に突入した。
2000年代前後から、構造改革の推進による規制緩和や成果主義、市場原理の徹底などを背景に
「格差・貧困」を巡る議論が活発化してきた。

2014年12月、雇用労働社会政策局は、OECD所得分配データベースを分析した。
その結果から、所得格差の拡大は、
最上位10%の所得層と最下位10%の所得層の格差拡大に見られるだけでなく、
格差を測るジニ係数(完全な所得平等を示すゼロから、1 人が全所得を独占する1 までの範囲)
その拡大にも見られることを明らかにした。
OECD 諸国のジニ係数は、1980 年代半ばには0.29 だったが、
2011/12 年には0.32 へと3 ポイント上昇していた。
OECDの新たな分析は、所得格差の拡大が、経済成長の低下を招くことを示唆し、
格差によるマイナス影響は、貧困層ばかりでなく、
実際には下位40%の所得層に及ぶことを示した。

一方、厚生労働省の平成24年版「労働経済の分析」は、
2005年と2008年の「所得再分配調査」の結果から、
「再分配所得」のジニ係数はむしろ低下しているとし、
再分配後は、税・社会保障による不平等度の低下を表した。
(当初所得ジニ係数、2005年は0.5263、2008年には0.5318。
再分配所得ジニ係数、2005年は0.3873、2008年には0.3758)
ところが、もう少しさかのぼって、厚生労働省「所得再分配調査」を調べてみると、
1996年の当初所得ジニ係数は0.4412、再分配所得ジニ係数は0.3606であり、
長期的に傾向を捉えると、明らかに格差は拡大傾向にあると言えるのだ。
 
 格差の問題について新谷周平は、「若者の現代」『労働』(2011)で、
「人々は『格差社会』が声高に叫ばれれば、それに対して個人的に対処しようとする。
そして、その意思と用いることのできる資源は、経済資本、文化資本などによって規定されている。
それゆえ、むしろ格差の拡大を導いてしまう可能性が高い」と述べている。
 格差の連鎖について新谷は、
「親の所得や学歴によって、教育達成が妨げられる社会が公正であるとは言えない。
それを是正するための制度構想は必要だ」とも述べている。
所得は学歴に強く相関しており、若者の所得格差には教育・学歴格差が大きく影響している。
親の所得格差が子どもの教育・学歴格差をもたらし、
それが若者の雇用格差や所得格差につながり、
所得格差が親から子どもへと連鎖しているということだ。
 
また、一方で、格差社会の問題として非正規社員、フリーターの拡大がある。
非正規社員やフリーターは年齢が高くなるほど正社員への転換が難しい。
つまり、正社員になれず、フリーターを続けていると更に正社員への道が遠のく。
だから、フリーターは将来にわたり低所得のままになる恐れも出てくる。
でも、企業側は、賃金が安く、忙しい時に雇い、
暇になったらやめてもらうというフリーターなどを必要としている。

最近、日本の格差社会に関連して「恋愛格差」という概念が生まれた。
Wikipediaによると、優れた容貌やコミュニケーション能力をもつ男女に異性が集中し、
その対極にある人々にはほとんど恋愛のチャンスがない、という現状を指す。
前者は、もともと持っていた資源で、ある程度若いうちから恋愛を経験し、
以降途切れる暇もなく恋愛経験を積み、
恋愛に適した人間性を含めた魅力にますます磨きをかけてゆくことができる。
後者は、恋愛に使える資源が乏しいため、色恋と無縁に過ごすことを余儀なくされ、
前者との差は広がるばかり・・・といったイメージであろうか。
 
しかし、「恋愛格差」について言うならば、
恋愛経験が豊富な人が幸せになるとは限らない。
多くの人と付き合えても、「この人が運命の人だ」と感じることが皆無ならば、
味気ないものだ。
逆に、恋愛の資源など持っていなくても、
たった一人の運命の人に出逢えれば何も問題はない。

じつは、私の近くにいるフリーターだって、とても幸せそうなのね。
格差と幸せは別の次元なのかも知れないな。

comment

Secre

No title

ちょっと、わしには、むずいかしいのう。
プロフィール

うぃんく

Author:うぃんく
・・・・・・・・・・・
こちらをご覧ください
 ↓
Wink Home 乳がん手帳

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード