スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア20年歴 (「共同体」を考える2)

私が今の居住地に引っ越してきたのは、中学3年の夏でした。
転校せず名古屋の学校へ通ったので地元に知り合いはできませんでした。
育児期に近所の公園で出会った幼い子を連れた母親らが、市内で初めての友人となりました。
その母親らと公共施設で集まっていたことが、きっかけとなり、
私は行政との協働で新しい事業に関わるようになったのです。

地域コミュニティに関わりはじめてから20年が経ちます。
その間、地域活動の現場には様々な変化が現れました。
阪神・淡路大震災が起きた1995(平成7)年は、
多くの市民が災害ボランティアとして参加したことから、「ボランティア元年」と呼ばれ、
ボランティア活動が注目され始めました。
その流れをうけて、1998(平成10)年に「特定非営利活動促進法(NPO法)」が制定され、
ボランティア団体に法人格が与えられました。
この頃、「有償ボランティア」という言葉をよく耳にしました。

2000(平成12)年に閣議決定した行政改革大綱をもとに、自治体の職員数は減少傾向となり、
地域で集う個々人と、意見交換をするような時間的ゆとりを持つ職員も、いなくなっていきました。  
介護保険制度では、「『措置』から『契約』へ」と変わり、
老人介護のみならず福祉事業全般において、
サービスを提供する側と、サービスを受ける側との関係は、契約に基づいて築かれることとなりました。

緩和規制により、各自治体は、NPOとの協働関係の創出など
官民が一体となって、地域支援に取り組めるような施策の充実を迫られました。
やがて、社会事業に導入された市場原理によって成果主義が浸透してくると、
指標に対する意識の高い、NPOを含む民間が、
これまで公的部門が供給していた社会事業に参入してきました。
一方、IT革命が社会に及ぼした変化は、地域活動にも影響を与えていました。

地域活動に携わってきたボランティアにも、
「地域にどう関わるか」が課題として現れてきました。
そして、社会の大きな転換は、私に違和感となって襲いかかってきたのです。

草の根活動から出発し、他者とつながることに生きがいを感じながら、
一つ一つ積み上げてきましたが、ここで、大きな壁にぶつかりました。
「これ以上続けるために、仕事としてやっていく覚悟はあるのか?」
「いったい、私は、なにを目指して、やってきたのだろうか?」

あの頃の私は、遭遇した「違和感」や「壁」を、
こころの中で整理するのに、必要な知識も言葉も持ち合わせておらず、
たいへん困惑していたわけです。

そして、2012(平成24)年、放送大学で心理学と教育学を学び始めたのでした。

放送大学機関誌の8ページに、私から皆様への感謝の気持ちが掲載されました。

comment

Secre

No title

改めて読んだけど、上手に書けとるねぇ。
感動的だわ。
プロフィール

うぃんく

Author:うぃんく
・・・・・・・・・・・
こちらをご覧ください
 ↓
Wink Home 乳がん手帳

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。