能力の共同性(共同体を考える7)

社会との関わり方について、伊原(2015)は
「私たちの生活は、市場原理など一元的な基準によって評価されるべきものではない。
会社で働き、家族との団欒を楽しみ、親しい人との交流を深め、
地域社会の活動に参加し、さらには‘無為に過ごす時間’を満喫するなど、
社会への関わり方は多面的であり、多元的である」と、述べている。
また、「消費―労働」からくるストレスに注目して伊原は、
「社会政策上の対策や地域社会での取り組みが必要だが、
一人ひとりが身の周りからできることもある。
消費―労働に追われた生活から半ば降り、
労働に関する「トラブル」に対処する方法を身につけ、
親しい仲間で経済的・精神的に支えあい、自分たちの中に「あそび」を作る。
自らが近辺の環境を変えることにより、
少しずつではあるが社会意識や社会構造は必ずかわっていくのである」
と、示唆している。

 広井(2009)が示したように
「市場経済の拡大ひいては資本主義の展開という流れが成熟ないし定常期に入り、
その飽和と共に『新しいコミュニティ』の創造ということが中心的な課題として現れ、
『関係性の組み換え』あるいは『独立した個人のつながり』の確立に向けて
様々な対応や具体的実践が行われていくことが求められている」のは事実であろう。
しかし、その実践は、成果主義や市場原理に変革をもたらすものではないだろう。
そして、「新しいコミュニティ」が、「格差」や「貧困」を直接に解決することはできないであろう。

 私たちは、時代の流れを受け入れ、発生している問題の背景にあるものを捉え、
理解して、自分の身に降りかかる問題は自分で対処するしかない。
ところが、それだけでは、孤独で虚しい毎日となってしまう。
そこで、「誰かに話したい」、「誰かに助けてもらいたい」、
「楽しくやり過ごしたい」などと感じた時、
あるいは「何をしたいわけではないけれど・・・」と思う時でさえも、
立ち寄れる場所があり、誰かが居てくれたら「ありがたい」ではないか。
年をとって、足腰が弱った時に立ち寄るためには、近所にそのような場所を作っておいた方が良いであろう。
近代社会は、資本主義経済のもと、能力を商品化して貨幣に替え、ニーズに対処してきた。
その延長上に「リスク社会」と呼ばれる現在がある。
自助努力では満たせない欠乏の発生や、公助の限界がみえてきた。
共助への期待が高まっている。
「能力の共同性」という考え方を重視して竹内(2007)は、
「個人にできないことがあるのは当然で、周囲に助けられる方が大事な場合もたくさんある」
と、言及している。
これからは「『能力の共同性』の認識」、
そして、「『能力の共同性』の認識からなる『コミュニティ』への関わり」が必要なのかも知れない。

参考文献
広井良典[2013]『コミュニティを問いなおす : つながり・都市・日本社会の未来』 ちくま新書
伊原亮司[2015]『私たちはどのように働かされるのか』 こぶし書房
竹内章郎[2007]双書 哲学塾『新自由主義の嘘』 岩波書店

comment

Secre

プロフィール

うぃんく

Author:うぃんく
・・・・・・・・・・・
こちらをご覧ください
 ↓
Wink Home 乳がん手帳

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード