スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダの神秘

私は、乳がんの再発・転移の予防として、ホルモン療法中でした。

5ヶ月前に、3年半以上飲み続けたタモキシフェンを中止して、
閉経後の乳がん治療につかうアリミデックスに切り替えた。

ところが、なんと、2年ぶりに月経が再開した。
心身ともに、リラックス状態になった昨今、自然体になったのだろうか?

アリミデックス継続で良いのか?と、不安になり、病院へ行ってきた。

不可解な現象の説明を聞いてから、主治医に伝えなくては・・・
と、思い、
まずは、産婦人科へ行き、乳腺外科の予約も入れておいた。

ちょっと、はらはら、ドキドキ!

産婦人科では、ちょうど、前回行った子宮癌検査の結果も出ていた。
検査結果は、良好で、悪い病気が潜んでの出血ではないとのこと。
このまま月経が定期的に来たら、月経再開と言うんだとさ。

「素人の目に留まる情報では、アリミデックスは、
閉経後の乳がん治療の薬のようですが・・・」と、聞いたら、

先生は、辞書を片手に調べてくれて、
「アリミデックスは弊害はないから、飲みながら様子をみてください。
閉経後に、1度出血があっただけでは、判断できませんから」
との説明だった。

「でしたら、乳腺外科に行っても、説明のしようがないので、
様子を見てから行ったほうが良いですね?」
と、私は、もう帰ろうかと思ってました。

産婦人科の先生は、
「せっかく来たのだから、乳腺外科の先生にも経過を報告されたら?」
と言われたので、

私は、「こうで、ああで、こんなんですので、様子を見ます」
って、主治医に言うために、
ずいぶん待たされるのを、覚悟して、乳腺外科に行きました。

ところが、どっこい!
主治医は、大忙しで、待たされることもなく、会うこともできず。
看護師が、伝令に、バタバタして、
先生からの伝言を告げに来てくれました。
「次の予約のときに、今後の治療を相談するので、薬は飲まずにいてください」
とのことでした。

「次の予約って、1ヵ月後ですけど、1ヶ月、何も飲まなくて良いのですか?」
と、聞くと、
「はい。そうですね」

「血液検査で女性ホルモンを調べるとかは、しないのですか?」
と、聞くと、
「ここの先生は、そういうことはしませんね」

「閉経したかどうかは、自己申告って、ことですか?」
と、聞くと、
「そういうことです」

「私、健康時でも、3~4ヶ月に1度の月経だったんですけど、
それでも、自己申告?」
と、聞くと、
「そうなんですよね」

お金を支払うために待っている間は、
セカンドオピニオンを探しておかなくちゃいけないかしら。
と、不安になりました。

でも、帰り際は、

再発・転移の心配が、切羽詰まってない様態ってことなんだろな。
まあ、けっきょくわさぁ
自分のカラダは、自分で管理せないかんのだよ。
今回の月経も、体中の悪い物を流し出してるのさ。
よっしゃー!
この調子で、いくぞ!!!

と、なんだか、カラダの芯からめらめらと、善玉が湧いてくるのを感じた。

comment

Secre

No title

 月経再開、おめでとうです。私もくるかなあ~?^^;
 やっぱ自然体が一番ですね。

 自分の体は、自分で管理せにゃあかん・・・。ほんとそうですね。ほんとにそう思います。

 善玉がメラメラわいてくるなら、もう大丈夫だね!

 さあー、もうすぐ始まるねー。

No title

ありがとうです。
じつはね、
体調に少しでも変化があると、「再発?」「転移?」
と、不安になります。
心配してる間にも時が過ぎていきます。
私は、
癌と闘う仲間ができてから、
「心配して、くよくよしてたら時間がもったいない」
って、無理せずに、素早く強気な自分に切り替われるようになりました。
まるこさんをはじめ皆さまに、感謝してます。
プロフィール

うぃんく

Author:うぃんく
・・・・・・・・・・・
こちらをご覧ください
 ↓
Wink Home 乳がん手帳

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。