再放送のお知らせ

9月に芦屋で参加してきた「リレーフォーライフ」

「私も走ろう!」と思ったきっかけの一つでもあります。

そのイベントのもようが、TV放送されます。

12月7日(日)NHK総合 
午前2:05-3:25(6日 深夜)
再放送 
「輝け!命のリレー~一万人の祈り 24時間ウォーク 」

前に放送されたとき、
「おぉ~、この人、知り合いだ」
「わ~っ、一緒に行った人も映ってる」
「ちょっとー、アグネスチャンと握手してるの私ジャン」
と、わーわー、ぎゃーぎゃー言いながら見てました。

「しまった~、ビデオにとっておけばよかった」
と、後悔したので、再放送は、ありがたいです。

今度は、ちゃんとビデオに収めようと思います。

来年は、夜中に走る「キャンドルラン」に、
エントリーするぞ~~~!!!

リレーフォーライフ

私も芦屋で仲間と一緒に歩いたリレーフォライフが、
いよいよ、明日、オンエアされます。

ぜひ、見てくださいね。

11月7日(金) NHK総合
  午後10時~ 

輝け!命のリレー
 ~1万人の祈り 24時間ウォーク~

カラダの神秘

私は、乳がんの再発・転移の予防として、ホルモン療法中でした。

5ヶ月前に、3年半以上飲み続けたタモキシフェンを中止して、
閉経後の乳がん治療につかうアリミデックスに切り替えた。

ところが、なんと、2年ぶりに月経が再開した。
心身ともに、リラックス状態になった昨今、自然体になったのだろうか?

アリミデックス継続で良いのか?と、不安になり、病院へ行ってきた。

不可解な現象の説明を聞いてから、主治医に伝えなくては・・・
と、思い、
まずは、産婦人科へ行き、乳腺外科の予約も入れておいた。

ちょっと、はらはら、ドキドキ!

産婦人科では、ちょうど、前回行った子宮癌検査の結果も出ていた。
検査結果は、良好で、悪い病気が潜んでの出血ではないとのこと。
このまま月経が定期的に来たら、月経再開と言うんだとさ。

「素人の目に留まる情報では、アリミデックスは、
閉経後の乳がん治療の薬のようですが・・・」と、聞いたら、

先生は、辞書を片手に調べてくれて、
「アリミデックスは弊害はないから、飲みながら様子をみてください。
閉経後に、1度出血があっただけでは、判断できませんから」
との説明だった。

「でしたら、乳腺外科に行っても、説明のしようがないので、
様子を見てから行ったほうが良いですね?」
と、私は、もう帰ろうかと思ってました。

産婦人科の先生は、
「せっかく来たのだから、乳腺外科の先生にも経過を報告されたら?」
と言われたので、

私は、「こうで、ああで、こんなんですので、様子を見ます」
って、主治医に言うために、
ずいぶん待たされるのを、覚悟して、乳腺外科に行きました。

ところが、どっこい!
主治医は、大忙しで、待たされることもなく、会うこともできず。
看護師が、伝令に、バタバタして、
先生からの伝言を告げに来てくれました。
「次の予約のときに、今後の治療を相談するので、薬は飲まずにいてください」
とのことでした。

「次の予約って、1ヵ月後ですけど、1ヶ月、何も飲まなくて良いのですか?」
と、聞くと、
「はい。そうですね」

「血液検査で女性ホルモンを調べるとかは、しないのですか?」
と、聞くと、
「ここの先生は、そういうことはしませんね」

「閉経したかどうかは、自己申告って、ことですか?」
と、聞くと、
「そういうことです」

「私、健康時でも、3~4ヶ月に1度の月経だったんですけど、
それでも、自己申告?」
と、聞くと、
「そうなんですよね」

お金を支払うために待っている間は、
セカンドオピニオンを探しておかなくちゃいけないかしら。
と、不安になりました。

でも、帰り際は、

再発・転移の心配が、切羽詰まってない様態ってことなんだろな。
まあ、けっきょくわさぁ
自分のカラダは、自分で管理せないかんのだよ。
今回の月経も、体中の悪い物を流し出してるのさ。
よっしゃー!
この調子で、いくぞ!!!

と、なんだか、カラダの芯からめらめらと、善玉が湧いてくるのを感じた。

定期検査

昨日、産婦人科の定期検査に行ってきました。
結果が出るのは、2週間後。

私の乳がんは、「ホルモン感受性乳がん」というタイプのもので、
女性ホルモン(エストロゲン)の働きで、がん細胞が増殖します。
ですから、エストロゲンの作用を抑える薬を飲んでいます。

ちょっと前まで飲んでいたのは、タモキシフェンと、言われる抗エストロゲン剤。
商品名はノルバデックスでした。

こういった内分泌療法をしていると、
ほんのちょっとだけ子宮体がんになる率が高いので、
産婦人科で、定期的に子宮体がんと、子宮頸がんの検査を受けています。

夏あたりから、子宮体がんの検査結果が、あまり良くなかったので、
乳がんの治療薬が、ノルバデックすからアリミデックスに替わりました。

「アリミデックス」調べてみたら、
脂肪組織や、乳がん組織でのエストロゲンの合成を阻害
閉経後乳がんの再発や増殖を抑える働きがあるとのこと。


病院から家まで、約7km
良い天気だったので、歩いて帰りました。

想定外の出来事

最近、ようやく日課になってきたウォーキング、
昨日は、できませんでした。

準備完了! さあ、出発!

と、そのときに、電話のベル。

「娘の喘息がひどくなりそうなんだけど、医者に連れてってもらえない?」
と、近所の友人からの電話でした。

一瞬、え゛ーーー↓  と、思いましが、
気のいい返事をして、速、お迎えに行きました。

車に、娘さんと一緒に乗り込んできた途端、友人は、いきなり愚痴を・・

友人は、次々と起こる想定外の出来事を、抱えきれずに、
娘さんが横で聞いてることすら、気にもせず、

入院中のご主人が、まもなく退院してくるけど、
職もなく、点滴に週に1度通わなくてはいけない。
大学受験を控えたご長男にも、お金がかかる。
家賃も支払わなくてはいけない。
「どうなってしまうのかしら・・・」と、

どうなるの?と、私も、分からない。
「いろいろ、重なるんだね」としか、答えられなかった。

甘い物を食べたら、一瞬でも、ちょっとだけ幸せになるかな?
と、思って、
娘さんが診察を受けてる間に、近くのケーキやさんで、ロールケーキを買ってきて、
お渡ししたら、すごく喜んでくださった。

「突然、わるかったね。頼る所が他になくって。ありがとうね」
と、言われた。

大したお手伝いもできなくて、なんだか、ちょっと切なかった。

おしゃべりサロン

乳がん患者のおしゃべりサロンに、初めて出席してきた。

抗がん剤の治療を始めた頃、
これから気がねなく参加できるサークルは、これだな!
入会の資格もあることだし、入ってみるか!
と、入会の申し込みをして、毎年、年会費を納めて会報をもらっていたが、
参加したことは一度もなかった。

参加しない理由が特別あるわけでもなく、
用事が2つ重なったときに、違う方の用事を優先してきた結果である。

今日、サロンが行われた会館は、
中学時代の恩師が館長をしていると、聞いていたので、
久しぶりにお会いできるかしら~という楽しみもあった。

ちょっと早めに到着して、館長室の応接セットで、お茶を頂きました。
恩師のK先生は、お変わりないご様子でした。

サロンでは・・・
乳がんも、いろんなケースがあり、いろんな病院があり、いろんな治療があるんだなと思いました。

いろんな人がいて、求めるものはさまざまで、目指すものもさまざまで、
話題にしたいこともさまざま。
これは、乳がんに限らず、病気に限らず、よくあるケース、と思いました。

「がんと生こまい!」定例会

リレーフォーライフ(芦屋・横浜)に、チームで参加しして以来の再会でした。

写真を頂いたり、お互いの思い出やら、感想やらを語り合い、楽しく過ごしました。


※がんと生こまい【がんといこまい】 *名古屋弁
           [意] がんと生きよう。


「がんと生こまい!」のメンバーは、
患者本人、患者の家族や、関係者で成り立っています。

今日、近くの席に座った男性が、
「がんの友達を誘ってるんだけど、傷のなめ合いみたいでイヤだって言うんだよ。
ここは、そんなんじゃないって、説明しても、分かってもらえなくてね・・・」
と、おっしゃってました。

「前向きながん患者達が集まって、楽しく過ごしてる」
それだけの説明じゃ、分かりにくいかもしれない。

時には、具体的な、行事があってもいいよね。

・・・と、いうことで、

「春には、お花見なんかしましょうか(^^)」
と、話しが、はずみました。

たまには、ちょっと遠くまで足を運んでいただいて、そんなのも、イイですよね。

その男性が教えてくれたお花見のスポットというのが、
寄寓にも私の自宅からけっこう近いです。

がんと生こまい!で、知り合って、同じ乳がんのUちゃんと一緒に電車で帰りましたが、
Uちゃんに、お花見の話しをしたら、
Uちゃん「私、お花見の場所取りしてあげるよ」と、言ってくれました。

なんとも、まあ、心強い。

よっしゃ!あたしゃ、Uちゃんのビールも持って行くからさ。
一緒に場所取り付き合ってね。

竹内まりや PART3

CDプレイヤーを買ってきました。

竹内まりやを聴くと、若い頃の気持ちに戻ります。
と、同時にMちゃんを思い出す。

Mちゃんは、幼馴染で、たまたま同病でした。

一緒に聴けたら、よかったな。
いや、今、一緒に聴いてるよね。

Mちゃんが、逝ってしまってから、前よりも、もっと、一緒に居る気がする。

Mちゃん、竹内まりやを聴くと、私のことを思い出すって、言ってくれたことがあったよね。
「なんで?」って、私が聞いたら、
「なんでかなあ?」って、言ってたね。

手を握り、
「終わっていいかなあ」
「ありがとう」
「ちょっと早いけど、先にいくね」
・・・などと、息絶え絶えに、深い話しをしてくれたあの日を忘れないよ。

でも、それよりも、もっと、楽しかった日々を忘れないよ。

逝ってしまう2日前、意識がなくなる寸前に、
深い話しができたこと、私は、感謝してるよ。

あの日、
私は、帰りの電車で流れる涙を止めることができず、
「私は、生きよう。私を生きよう」
「生きていなくちゃ! 笑ってなくちゃ!」
と、心に誓ったんだよ。

Mちゃん、ありがとう。

でも、今日は、泣かせてね。

Mちゃん、四十九日が過ぎるまでは、竹内まりやを一緒に聴こうね。

Mちゃんは、変ってしまった姿を皆に見られるのを恐れてたけど、
私が思い出すのはね、
元気に笑ってるMちゃんだよ。

CDプレイヤー


竹内まりや

押し絵を作るにあたり、ちょっと材料が欲しくて、栄に行った。

地下街の MUJIC SYOP から、流れてくるなつかしい曲。

つい、足を止め、ジャケットを手にとり、収録の曲目に目を通した。

4枚組みなんだ~
買おうかな~  どうしようかな~ 欲しいな~

よーし、買っちゃえ!!

ジャケットを手に、レジに向かった。

なんとなく、背後に突き刺さる視線を感じて振り向くと、
竹内まりやのコーナーに、うらやましそうにこちらを見てる中年の方々が居た。

私も、あの人だかりの中に、居たはずなのに、気づかなかったなぁ。

気づかず、私、ぼそぼそ独りごとを言ってたかも?(笑)

地下街で、周りが見えなくなるほど自分の世界に入っていた自分が、うれしかった。
すきなものを、衝動買いするような回線が、まだ繋がっていたことも、うれしかった。

最近、私、変ったんだよ。
見た目は、そんなに変ってないけどね。
いや、いや、変ったというよりは、本来に戻ったという感じかな。

楽しいことや、うれしいことが、いっぱい増えたんだよ。

でもね、たぶん、それって、周りの状況が変ったんじゃなくて、
感じる気持ち♡が、変っただけなんだよね。

仲間が居るって、すてきなんだよ。

たぶん、私、ああいう場所を求めてたんだ。
「がんと生こまい!」に出会えて、ほんと、よかった。

知多運動公園へ行ってきました

お約束の陸上競技大会、観てきたよ。

陸上1

会場について、びっくり!!

競技用のウェアを着た中学生が、1000人くらい居るじゃない。

幼馴染のお嬢さんから、出場する種目しか聞いてなかったことを、まずは、後悔。

いったい何時にどこからスタートするのやら?

お嬢さんは、どこに居るのやら?

途方にくれて、うろついてたら、
「最終コール1分前。○○中学校の**くん、いますか?」
と、受付らしき場所を発見。

!!そうだ、ここで待てばいい(^^)

と、待つこと1時間。

「2年生女子200 コールはじめま~す」
と、
これだ、これだ、来るぞ、来る、来る、きっと来る。。。

おおーーーー  きたーーーー

友達とお話ししながら、お嬢さんが、にこにこ笑いながらやってきました。

よかった、よかった。

今日のスケジュールを、
お嬢さんから聞いて、また、また、びっくり!!

200のスタートは、40分後の12時45分、しかも12組目。
次の出場種目400リレーのコールは、午後2時55分。スタートは、3時35分。

サッカー観戦とは、ぜんぜん違って、一日がかり、
そんでもって、待って、待って、勝負は、一瞬。

こりゃ、精神力、きたえられるわあ。

お嬢さん、大丈夫だわあ。心配いらんわあ。
たくましく優しい良い娘になるに違いない。

9月17日 「お見舞い」で訪ねた彼女の、お嬢さんです。
あの日、彼女の代わりに見に行く約束をしていました。
「心配しなくていいよ。なるように、なるよ」
「私たちが癌になる運命だったのと同じように、癌になる母のもとに生まれる運命だった」
「私たちが運命を受け入れたのと同じように、子どもも運命を受け入れて生きていくよ」
「なるように、なる」
そんな話をしました。
あの日の翌日、彼女は危篤状態になり、そのまま帰らぬ人となりました。
ご冥福をお祈りいたします。
プロフィール

うぃんく

Author:うぃんく
・・・・・・・・・・・
こちらをご覧ください
 ↓
Wink Home 乳がん手帳

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード